WALL LAMP

どうもシンヤです。

先日、仕事帰りにコチラを見に行って来ました。

いやー良かった。

外に繰り出すとやはり刺激になります。

楽しいひと時でした。

さて、本日は壁に付けて使うランプを3点程更新しました。

ランプですがお部屋のアクセントにもなりますので是非取り入れて欲しいですね。

明かりが足りないところに1ついかがでしょうか?

使いやすさも抜群です。

解説して行きましょう!

Wall Lamp140913lp0022スポットタイプです。

クロス型の穴が良い雰囲気です。

コンディションも良いですよ!80515842正面から見るとこんな感じです。140913lp003この黒い部分がシェードコントロール。

向きや角度を変えられるパーツですね。140913lp004スイッチがスポットごとに付いておりつけ分ける事もできます。140913lp005外側に向けてみました。広い範囲を照らす事ができます。140913lp028コチラが取り付け用のステー。

壁にビスで固定し真ん中のボルトを本体中央の穴に通し止めてもらいます。

同じような構造の物がもうひとつ。

Wall Lamp80515874コチラはシックなブラックです。140913lp015コチラもシェードコントロールのおかげで自由に向きを変える事ができます。140913lp011ちょっと形状が違いますがステーです。やってる事はおんなじですね。

Wall Lamp80515887個人的にはこれが一番好みです。上下に微妙にサイズの違うシェード。

モダンな50′sデザインです。140913lp027逆にしても良いんです。皆様にお任せします。140913lp024コチラもシェードコントロール付きです。

色々な場所で使えるWALL LAMP。

本日紹介した物は白熱灯よりも蛍光灯やLEDを使えば明るさも強くできます。

電球で明るさの調整をして、向き角度を変えて照らしたい場所にピンポイントで使えます。

非常に便利な照明となります。

オススメです。

店頭に取り付けてありますのでご確認よろしくお願いします!!